ホーム

雲切目薬

雲が切れる。

雲切目薬の歴史

1543年以来何百年もの間ずっと
我が家は「目薬屋」として
代々続いて参りました。

元祖、「善光寺 雲切目薬」は、天文12年(1543年)のはるか昔に初代笠原十兵衛が創製いたしました。それは軟膏状の練り目薬が貝に入れられたもので、そのまま、あるいは水に溶いて使用されていました。「しみるがよく効く」と評判で、薬の乏しかった当時は目薬以外の用途にも珍重されておりました。

時を経て、この「雲切目薬」の復活を求める声が全国各地から寄せられ、それに応えて現在の目薬の形で販売したところ、多くの方々に喜ばれました。この目薬には、「雲切百草丸」の主成分である「オウバク」中のベルベリンと「甘草」中のグリチルリチン等が配合され、疲れ目や目のかゆみや充血、目のかすみなどにも効果を発揮します。

第十七代 店主 笠原 十兵衛
第十八代 店主 笠原 久美子

商品紹介

商品紹介 / 雲切目薬
商品紹介 / 雲切目薬

効能・効果

目の疲れ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、花粉症対策

用法・用量

1回2~3滴、1日3~6回点眼してください
※当製品は使用上の注意をよく読んでお使いください。

成分・分量

雲切目薬αは、100mL中に次の成分を含む黄色澄明の点眼液です。)

ベルベリン硫酸塩水和物
10mg
グリチルリチン酸二カリウム
150mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩
30mg
ピリドキシン塩酸塩
50mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
250mg

添加物としてホウ酸、ホウ砂、ℓーメントール、dーボルネオール、エデト酸ナトリウム水和物、グリセリン、クロロブタノール、メチルパラベン、プロピルパラベンを含有しています。

添付文書

お問い合わせ

お問い合わせ / 笠原十兵衛薬局

〒380-0854
長野市伊勢町319

電話 026-232-2330

FAX 026-232-2370

定休日 日曜/祝祭日

サイトはこちら

© KUMOKIRI MEGUSURI

購入はこちら